介護老人保健施設とは

ホーム  »  当施設について  »  介護老人保健施設とは

「ろうけん=介護老人保健施設」ってどんな施設?!

「ろうけん=介護老人保健施設」は、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設です。
利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

介護老人保健施設をご利用いただける方は、介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。

介護老人保健施設は、常に利用者主体の質の高い介護サービスの提供を心がけ、地域に開かれた施設として、利用者のニーズにきめ細かく応える施設です。介護予防を含めた教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、在宅ケア支援の拠点となる事を目指して、ご利用者・ご家族の皆様が、快適に自分らしい日常生活を送れるよう支援をしています。



一般向け老健施設パンフレットはこちら☟
老健ってなに?!PDFファイル




◇老健の役割をイラストにすると☟こんな感じになります◇





老健に入所してから自宅等の在宅生活に戻っていただき、通所リハビリやショートステイ、訪問リハビリを利用しながら在宅生活を継続していき、また入所が必要となったら再入所していただくという流れが理想的な利用方法となります。

出典:全国老人保健施設協会
出典:全国老人保健施設協会
出典:全国老人保健施設協会
出典:全国老人保健施設協会
ページの先頭へ